事業承継の手続き方法

事業承継の手続き方法

事業承継の手続き方法 事業承継の手続きを進めていく際には計画をしっかりと立てて着実に進めていく必要があります。
そして計画の作成の後には事業承継の相手によってそれぞれの定められた方法によって進めていかなくてはなりません。
例えば親族内で承継する場合、従業員等への承継あるいは外部から後継者を雇い入れる場合、M&Aを行う場合とそれぞれの状況に応じた手続きがあります。
事業承継計画の作成の際には会社の現状の把握。経営者である自分の状況がどんなものであるか、後継者候補の属性といったものを調べていきます。
親族内で承継する場合であれば事業承継計画を社内や取引先企業、金融機関等に公表したかどうかなどの関係者の理解に向けた環境整備が必要になります。
従業員等への承継、外部から後継者を雇い入れる場合であれば後継者候補を事前に一定期間役員等として活動させたかどうかといったことを確認する必要があります。
M&Aを行う場合であればおおまかな流れや注意点を理解する必要があります。

個人事業主の事業承継における手続きについて

個人事業主の事業承継における手続きについて 個人事業は税法上ではあくまで個人に対してのみ課税されます。
ですので、個人事業主における承継は譲渡者が廃業届を出し譲受者が開業届を出せば終了となります。
親子間での事業承継を例にとると、まず個人事業主である親は事業終了の際、廃業の手続きをし、事業を引き継ぐ子は開業の手続きをするという具合です。
また、屋号を引き継ぐというようなケースもあります。
親から使っていたものをその子供がそのまま使いたい場合、開業届にその屋号を書いておけばそのまま使うことができます。
屋号が商号登記されているような場合には、法務局で名義変更することができるようになっています。
この屋号は商標登録のような法律的制限がないので、簡単につけることができるのですが、商号登記されてる屋号は会社法などにより、同じ市内での使用はできません。
そして事業承継が終了したら、取引先や仕入先など、今後もお付き合いが続く方たちに代表変更の報告などを忘れずにしておきましょう。