スムーズに事業承継する2つの対策

スムーズに事業承継する2つの対策

スムーズに事業承継する2つの対策 スムーズな事業承継をするために重要なポイントとなるのが後継者対策です。きちんと後継者を育てておかないと派閥争いや内部分裂の原因となる恐れがあるので、必ず事前に選んで発表しておくようにして下さい。基本的に親族、血縁者が事業を継ぐケースが多いですが、近年は第三者に引き継がれるエースが増えてきています。そして後継者が馴染めるように、仕事で困らない様に体制を整えておきましょう。後継者がまだ若く実力が不足している場合はサポートしてくれる人が必要です。

あとスムーズに事業承継するには、株かを下げることで節税をすることが出来ます。その為にどうすればいいのかと言えば現経営者に退職金を支払うことで会社の財産を減らし一時的に株価を下げます。同様に不動産などを購入するといった方法もあります。他にも株に関しては数を減らすというのも有効です。メインバンクや取引先、安定株主に株式を移行すれば株価は下がるということが出来ます。

事業承継をスムーズにすすめるための遺言書

事業承継をスムーズにすすめるための遺言書 M&Aといえば大企業が取る戦略であり、中小企業には無関係な話しだと考えている人も多いことと思います。しかし近年では中小企業でもM&Aは盛んに行われており、満足度の高い事業承継を実現できるケースが数多く存在します。自社の事業後継問題に悩む経営者や、企業買収に対する戦略を考えている経営者のために、事業承継をスムーズに進めるために必要なことを紹介していきます。
まず準備不足によって後継者や従業員を混乱させないよう、事業承継の対策は早めにとることが大切です。そのために遺言書を作成します。
これにより自社株や不動産等の資産を後継者に円滑に引き継ぐ役割が果たせるのです。また遺族間における不要な争いを避けるためにも必要なものとなります。この手続きを怠ると、生前経営者が後継者に自社株や預貯金等の資産を集中させたいと考えていたとしても、思い通りに実行できなくなってしまいます。その結果事業承継に失敗してしまうのです。加えて作成の際は適切に行わないと効力を発揮しませんので、専門家の力を借りる等して正式な手続きを踏むことも重要です。