事業承継完了までのスケジュール例

事業承継完了までのスケジュール例

事業承継完了までのスケジュール例 事業承継が完了するまでのスケジュール例をいくつか紹介していきます。まずは、親族で事業を継承する場合です。親族の場合は比較的スムーズに行く場合が多く、書類などを揃えるのも楽です。事前に話し合いが終わっていれば特に問題なく継承作業は終わるでしょう。親族以外に事業を任せる場合は少し面倒な作業が増えます。まずは事業承継する人物を決める必要があります。多くの場合はこの作業で問題が発生します。

事業を任せるにはリーダーシップや人望が重要になるので、誰にでも任せられるというものではありません。高い能力を持っていても、求心力がない人では事業を成功に導くことは難しいです。引継ぎを行う人物が決まったら、後は書類作成や人事調整などで終了です。一連の作業は難しいことはありませんが、スムーズに行うことが出来ない会社は多いです。会社の規模が大きくなると、決定事項は多くなり、反対する人が多いと話し合いは平行線をたどることになります。

事業承継に必要な計画立案と実施スケジュール

事業承継に必要な計画立案と実施スケジュール 中小企業の経営者の方々で後継者不足で悩んでいる人は少なくありません。規模は小さくても優秀な技術を持ち、利益を上げている中小企業はいくつもありますが、事業承継がうまく行かなければ企業の将来がありません。今はM&Aを手助けしてくれる会社がいくつかありますので、相談してみると良いと思います。大手の会社の販売ルートを利用できたり、2つの会社の会社の得て不得手を補い事業拡大にもつなげられますし、スムーズな事業承継が可能です。
中小企業の経営者だけでは、事業承継の相手探しも難しいでしょう。専門の会社ならば、必要なことの洗い出しから計画の立案、相手方との交渉、実施までのスケジュール管理まで全て行っていただけます。せっかく優秀な技術と従業員を持っていても事業承継がうまくいかないと廃業しか道はないため、思い切ってM&Aを考えてみることも必要です。日本は中小企業の技術力に支えられています。その技術力や販売力を無駄にしたく無いですね。