最新の事業継承情報まとめ

当サイトでは、事業承継で活躍することができるアドバイザーの認定試験の攻略法から実際にどういった現場で活躍できるかまで、幅広く紹介します。
近年は日本の経済を支えてきた中小企業の後継者問題が起こっており、速やかな承継のニーズが起こっています。
そのため第三者的な立場からアドバイスできる専門家の養成は急務で、今後もその活躍は拡大することが間違いないです。
承継問題は先延ばしができない案件なので、早めに専門家に相談して解決を図ることがポイントになります。

事業承継アドバイザー認定試験の攻略法

事業承継アドバイザー認定試験の攻略法 事業承継アドバイザーになるためにはまず認定試験に合格することが必要で、合格して初めて承継の相談に訪れた方に対して名乗ることができます。
認定試験に合格するためには、それに対応した講座が存在し、テキストも併せて配布されるため、それを受講しながら学習していきます。
大体、3ヶ月間の学習で試験の出題範囲を網羅することができるため、その後に試験を受験して合格する必要があります。
事業承継アドバイザーが活躍するのは合格して後、事業承継を考える相談者が訪れた時です。
特に金融機関の役職者に需要が高く、取引先の会社の経営者から相談されることも多いので、それを名乗ることで安心感を与えます。
経営者の意志に従って、適切なアドバイスを行い、最善の方法を探るための情報を提供し、具体的な手続きの進め方も併せてアドバイスを行うのが流れです。

事業承継アドバイザーになるにはテキストをベースに受講が近道

事業承継アドバイザーになるにはテキストをベースに受講が近道 事業承継アドバイザーは、よく金融機関などの企業と取引関係が濃い事業で相談されるケースも多く、金融分野に関連した仕事では必須の場合も多いです。
他にも法律関係の仕事に携わっている方も顧客より相談を受けることもあり、必要とされます。
近年は団塊世代の退職などの影響もあり事業承継を本格的に考え、相談に訪れる経営者も多くなり、その事業承継アドバイザーの資格を取得したいと希望される方も増えてます。
もしその資格を取得したい場合は、金融機関などで奨励しているテキストとそれに基づいた講義を聴いて理解していくことがポイントとなります。
まずテキストを読み進めると法律などの難解な用語が存在し、他にも手続きや会社の仕組み、税務など様々な事柄を理解しておかなければ行けない点が存在します。
つまり読んだだけでは理解しづらいため、それを丁寧に解説して、順序良く理解できるように噛み砕いた講義は必須です。
膨大な量の理解すべき事項を基本的考えから、アドバイザーとしてアドバイスすべきことをピックアップして集中的に学習することができます。
認定試験を受験した場合、記憶よりも理解によって解答できる問題も多いため、それに適した学習は講師から直接的な受講が近道になります。

事業継承に関する情報リンク

事業承継のサポートサイト